暖蘭物語が主役のガーデンリフォーム&カンナ物置       滋賀県  湖南市  Im様邸

大きなケヤキの木がシンボルツリーのお庭のガーデンリフォーム。
週末には暖蘭物語を、パーティルームとしてご利用されています。

光がふりそそぐ
庭の応接間、暖蘭物語

アイボリーホワイトの暖蘭物語は、3色あるカラーの中でも、ひときわ開放感を感じるカラーではないでしょうか?加えてフルガラス仕様ともなれば、その開放感もさらにアップし、全面から太陽の恵みを受けることができます。暖蘭物語内は、タイルで仕上げ、周囲はパラストーンと樹脂舗装のリンクストーンで、デザインしました。パラストーンは、雨に濡れると、石の色がより鮮やかになり、暖蘭物語のホワイトカラーに映えます。

⇒ガーデンルーム『暖蘭物語』のご紹介はこちら

暖蘭物語のページにリンクします

      開放感いっぱいの暖蘭物語

ガラスルーバー窓で段差を解消!

     ルーバー窓は網戸も付いて、換気が出来ます。

暖蘭物語が、施工不可?!
ご安心下さい

設置場所は、左右の奥行きの違う場所でした。規格サイズをそのまま施工という訳にはいきません。でも、条件さえ整えば、施工が可能になるのです。右の写真をご覧いただくとわかると思いますが、暖蘭物語のオプションにルーバーの窓はありません。違和感のないように、ジャストサイズで暖蘭物語にあう窓をオーダーします。窓に限らず、現地は店長の村瀬が測量しますので、お客様にその場で状況説明をさせていただくことができます。

シンボルツリーのケヤキを囲むミルデイル
      自然の石積みがモチーフのミルデイル。

シンボルツリーのケヤキを
囲む花壇のガーデンリフォーム

暖蘭物語のななめ前にある、大きなケヤキの木は樹齢何年になるのでしょうか。けっこう立派なケヤキの木です。広いお庭の中には、その他にもアメリカカエデやカシの木等、大木になるといわれる樹木も他に数本植えられていました。ケヤキの木を取り囲むサークルの花壇は、ミルデイルを使用しました。切り石を積み上げたように造られたミルデイルは、自然な石積みの雰囲気で、重厚感もあります。花壇の周りに敷きつめた化粧砂利のコッツクラッシュがさらに温かさを醸し出しています。

アルルガーデンより

パーティールームにマッチしたカンナ物置の
演出でお庭が一段とグレードアップ

ホームパーティーをご家族でよくされるということもあり以前、ガーデンルームの暖蘭物語を施工させていただきましたが、今回は、その時より気になられていた物置をディーズガーデンのカンナを設置し、お庭のグレードアップに貢献しました。お庭がかなり広くなり解放感が増したようです。羨ましい爽やかなお庭の完成です。ありがとうございました。

ディーズガーデンのカンナ物置D125

      週末は、パーティールームに。

エクステリア&ガーデン アルルガーデン

お問い合わせは、TEL 0749-22-4671 FAX 0749-22-4672  WEBサイトからのお問い合わせはこちらへ

〒522-0041 滋賀県彦根市平田町134-1 タウンビル2階F号   アクセス(地図)